さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
<< ユンボの修理 | main | みかんの接木 >>
ユンボの修理その後
昨日の続きです。
ファーマーさんからコメントをいただきました。
「‘をガンガン叩いてからレンチをあてがい、レンチの力点 をハンマーで叩く」
これ、やりました。
狭い窓なのでハンマーが思うように触れずカンカン程度でした。
レンチの力点を足で踏んでエイやっとやったらレンチのラチェットが
壊れました。(泣)

「▲函璽船薀鵐廚脳討」
当然やりました。表と裏からトーチのガスがなくなるくらい
何度も・・・・。
ユンボ4
クリックで拡大

「5霏腓蔑賄世箸覆詈を溶接する」
これは考えましたが、回ったとしても、窓につかえて半回転がいいところなので、それを考えるとできませんでした。

「ぅ椒襯箸瞭を切断して邪魔な物を外してから、再度△鉢 を実行する」

と言う事で溶接作業は断念しました。

さて、正解??は、
ユンボ3
クリックで拡大

わかりますか?
折れたボルトのセンターに3ミリの錐で約20mmの深さまで穴を開けてから順番に錐を太くしていって最終的には12mmの穴を開けました。
貫通している鉄板の厚みが15ミリほどだったので深さを20mmにしました。

その後レンチでエイやっとやるとボルトが簡単に折れました。
後はひたすら鉄工やすりで元のめねじを傷つけないように
穴を広げ、薄くなったところで隙間にマイナスドライバーを
コンコンと叩き込むと、ボルトが壊れました。
鉄板を引き剥がすように取り除いて完了です。

金物屋に首下90ミリの5分ボルトが無かったので
全ねじの5分ボルトにナットを溶接してボルトを作り
やっと交換できました。

小型(おそらく最小)のユンボなのでキャタピラも細く
ドリルもグリップをはずしてやっと入るような隙間での作業でした。
ボルトに対して垂直にドリルが入らずセンターが少しずれたので
不安がありましたがなんとかなりました。

とりあえずめでたしめでたしで、今日は早速ユンボでの作業をやりました。
作業途中の写真を撮り忘れ、気がついたら真っ暗。
・・・と言う事で画像はありませんが庭がきれいになりました。

今度はいつ作業が出来るのかなぁ。


| よろず工作&修理 | 22:55 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは!
のほほんさんのところから参りました大工協奏曲です。
よろしくお願いします

すごいハードなことされてますね
蝶ネクタイでやってたりして♪

ところで、サイクロンですが、私もトライしています
きのう、きょうとずっとサイクロンづくりしてました。
スケルトンのサイクロンです^o^
きょうは、もうちょっとのところで、コーキングの在庫がなくて完成しませんでしたが、完成間近ですので、近いうちにブログに載せますね!
失敗の場合も、お笑いで載せる予定です。
| 大工協奏曲 | 2007/05/20 11:35 PM |
大工協奏曲さん、こんばんは。
こちらこそよろしくお願いします。

のほほんさんのところから、HPへお邪魔していましたが
読み逃げしていました。^−^;

サイクロンの試作品は概ね好調でした。
現在、改良を加えるべく分解されて放置されています。
オールスケルトンですか?
くるくる回って落ちるところが丸見えで楽しみですね。
さくらいのはふただけ透明アクリル板です。

失敗もまたよしですよね。

今度からは足跡残すように努力いたします。
| さくらい | 2007/05/22 12:19 AM |
こんばんは!
ホームページ拝見しました
まきストーブもお持ちですね♪
しかも煙突取り付けもDIY
私といっしょだー♪

サイクロンは私のは、蓋と底は観葉植物の鉢受け、それ以外が透明の塩ビ板です
きょう試運転しましたが、サンダーの粉塵が竜巻のように回転して、吸引中はずっと回ってて、掃除機を止めたらスーっと落ちました
掃除機内にまでは粉塵は届いていなかったので、機能としては成功のようです

近いうちアップしますので、またみてやってください
| 大工協奏曲 | 2007/05/22 11:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/622387
トラックバック