さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
<< テーブル修理 其の三 | main | もらいもの >>
サイクロン改造 其のニ
今日のブログは、ちと長い。

先日完成したはずのサイクロン。
掃除機をつなぐこのスタイルではどうにも場所をとりすぎで
置き場所にも困るし機動性もよろしくない。
もともと機動性を望むには無理があるのだから
いっそ据え置き型に絞ってコンパクトにまとめたい。
掃除機を単体で使いたいときもあるので専用にしてしまうと
もう一台購入を考えなくてはならない。

そんなこんなで・・「エンジン載せ替え」だーーー。

この家の納屋の置く深くから埃だらけで出てきたこれを使う。

クリックで拡大

一緒に出てきたノズルから推察するに雨どいの枯葉を吹き飛ばすのに
使用していたものだと思われる。
取扱い説明書が無いので風量などは不明。

クリックで拡大
なんと「マキタ電機製作所」製である。古〜〜〜〜〜い。
本体には 960W.9000R/min の表示がある。
体感的には「すっげぇ」風がでてくる。


クリックで拡大
吸込み口のカバーをはずして簡易的にベニヤで作った円盤に固定する。

クリックで拡大

約130φの円筒を13センチ位取り付けて、万が一木っ端を吸込んでも
羽根が損傷しないように1センチ角の網をかぶせて防護した。


クリックで拡大

先日のサイクロンにそのまま載せて、噴出し口に空気が良く通る
土嚢袋をかぶせて実験。
この袋にゴミが入ってこなければ、吹きっぱなしでOKということになる。
据置型で部屋の外に置き各機械へ配管をして利用することを前提に
吸込みホースの径も100φに変換した。

クリックで拡大

100φとかなり太くしたホースでも問題なく吸込むようだ。
写真にある3〜4センチの木っ端は吸込むのだが本体まで吸込む力はなさそうだ。
スイッチを切るとホースからころころと戻ってくる。
羽根を網で防護したが必要なかったかも・・・・。

で、結果はというと。

クリックで拡大

「空っぽ」である。
こりゃ成功か??
うん、間違いなく成功でしょ。
これで掃除機がちゃんと本来の形で使えそうだ。


クリックで拡大

こんな形になった。
これを外に置いてブォーっと吹きっぱなしでも埃は出ないはず。
暫定的に作ったベニヤの蓋をアクリルかなんかで作り変えれば
十分実用可能になるはずだ。
後は、そこから配管作業をして、いかに効率よく集塵するかが課題となる。

・・・っと、その前に作業部屋を工房と呼べるようにレイアウトから
考え直さないと配管のしようがないなぁ。
苦手なんだよな、そういうの。
 

| サイクロン集塵 | 23:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
こんばんは〜♪
やってますねー^o^
楽しそうだなあ

今回のサイクロン、ちょっとかっこよくなったように感じます
風量も相当ありそうですね

集塵をやっていくと、やっぱり最後は屋外排気に行き着きますか、同感です

私は、掃除機の騒音が耳に付くので、できれば壁に穴をあけて、サイクロンなり掃除機を外に囲いを作って外置きにするのが、一番いいかなって思ってます
いまのところ、小物作りなので、ほとんどサイクロンの出番はありませんが、使うとやっぱりやかましいです
| 大工協奏曲 | 2007/10/01 10:54 PM |
大工さんこんばんは〜〜。
こういうのって作っているときが一番楽しいんですよね。
新車買うときにあれこれカタログ集めて迷っているときみたいに。
そういえば、ここのところ車買って無いなぁ。

作業部屋の北が山なので、そちらへ向かってブォーってやるつもりです。
ひさしの下ですからちょっと囲えば雨風も防げそうだし。
騒音対策はその囲いに遮音シートを貼ろうかと考えています。
後は配管ですね。
電動工具の定位置を決めないと出来ませんので
作業部屋の工房化計画をすすめま〜〜す。

| さくらい | 2007/10/01 11:43 PM |
さくらいさん、こんばんは〜。
マキタ電気製作所〜古そうですが、マキタに名称変更したのは平成に入ってからです。(それにしても米国製?が謎です。)

古い電動工具といえば、東和のミニカンナL-100を持っています。(東和電器は現在のリョービ)
現行のL-120TBとほとんど同じ設計で、トリガースイッチへの変更と替刃式へ変更した程度です。
L-100はシーソースイッチですが、金属部分が多くて頑丈なのでまだまだ使えそうです。
もしかしたら、L-120TBの替刃部品が使えるのではと考え、密かにL-100の替刃仕様化計画?が進行中です。
| さいかち | 2007/10/02 1:07 AM |
さいかちさん、こんばんは。
>マキタに名称変更したのは平成に入ってからです。

へ〜〜、思ったより最近なんですね。
この家は平成に変わる以前から空き家でしたので
少なくともそれ以前のものでしょうけどね。

ほとんど使われた様子が無く、埃を取り除いたら
新品同様??

ただ、少し音が大きく感じるのですがこれがノーマル状態なのかは不明です。
油でも差したほうがいいのかなぁ。

電気カンナって使い方が難しいですね。
ちょっと気を抜くと削りすぎてしまったり
幅がぎりぎりの材のときは外れて修復不能になったり・・・。
修行が足りないだけですが・・・・。
| さくらい | 2007/10/02 10:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/666388
トラックバック