さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
<< 京都へ行ってきました | main | サイクロン改造 其の四 >>
サイクロン改造 其の三
いきなりですが、、、、、、、、、
完成しましたーーーーーー!!。。。。^-^;;


クリックで拡大

近所の木工所の屋根の上に設置されているでっかいサイクロンニ連装です。
この形ですから、正圧方式ですね。
自作派はほとんどが負圧方式ですが業務用は正圧が多いように思います。
使用するファンの差でしょうね。

先日、完成形までたどり着いたサイクロンですが外に設置することにして
場所を確認しました。


クリックで拡大

作業部屋の北側はこんなにバッチイのです。
山が近いっ!!
ここに設置して裏山に向かってブォーとやるつもりが・・・。
煙突があった穴を利用しようと考えていましたが
いざ、位置確認するととってもまずいことが・・・。

角っこなのでサイクロンの集塵パイプが入らない。
あ〜〜ぁ、やっちゃった。
思いつきでやってるからこうなるんだよな。
仕方なくまた改造です。
左回転で作ったものを右回転にすれば角っこの穴に入ります。

どうせ付け直すならと、パイプの径を一回り大きくして


クリックで拡大

VU50からVP65にサイズアップ。
そこから100φへの変換はエンビ製のフレキシブルホース。
これ10ミリくらいのエンビの帯をらせん状に巻いて出来ているので
無理やりねじってやるとこんなことが出来るんです。


クリックで拡大

これをパイプに差し込んでテーピング。
サイクロンの蓋はどうせ中を見ることは無いのだから
コンパネで製作してコーキング処理で密閉。


クリックで拡大

ついでに音が気になっていたエンジンも蓋を開けてグリスアップ。

クリックで拡大

さてと、コーキングが乾いたら外に設置しよう。
ゴミを受ける箱も作らないとバケツじゃ処理するとき大変そうだ。
ひさしがあるとはいえ、防水も考えなくちゃ駄目だろうな。
あっ、防音もあるなぁ。

先は長いぞーーーー。

| サイクロン集塵 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/668758
トラックバック