さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
<< 集塵ダクト | main | 集塵を考えるPART >>
集塵を考える
サイクロン集塵機からのダクトを各機械にどうつなぐか。
苦労しますね。

ベルトサンダーにはこんな風につないで見ました。

クリックで拡大

試しに端材を削ってみたところ、機械の隙間や下には削り粉が残るものの
案外うまく吸込んでくれるようです。
この機械の真上には換気扇もあることだしこれでよしとしよう。

スライド丸のこ

クリックで拡大

今までは上についている集塵パイプに袋がかぶせてあっただけなので
切粉がかなり広範囲に飛散していたが75φのダクトを近づけてセットしたので
かなりよくなった。
とはいえ真上に舞い上がる粉は防ぎようが無いのでアクリル板で
フードの製作を考えている。

手押しかんな


クリックで拡大

これはほぼ完璧!!
おこぼれがあるのは仕方ないとしても十分満足できる。
ほかの機器を使うときと兼用なので
集塵口に上向きにセットしたパイプにアルミフレキを突っ込むだけ。

さ〜〜てと、他の集塵方法も考えなくちゃ。

集塵を考えるとおのずと機器の場所が決まってくる。
ん?逆か????
ま、なにはともあれ隅っこに片付けては使うときに引っ張り出してくるという
面倒な作業が少なくなって工作が一段と楽しくなってきそうだ。
そのかわりどんどん狭くなる作業部屋は工作するのに苦しくなる??

もっと部屋が広ければなぁ。
広ければ広いで散らかしまくって結局狭い使い方しか出来ないさくらいには
ちょうどいいのかもしれない。

ちゃんと片付けながら作業しましょう。



| サイクロン集塵 | 01:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
 ワオッ!、なんだか凄いことになっていますね〜。
近未来映画の一シーンみたい。(^^;
 それだけ太いパイプでもオッケーということは、かなり
強力なんですね。さすがは設備屋さん!。(^^
| ファーマー佐藤 | 2008/02/04 9:11 PM |
あはは、近未来・・・・。
紛れも無く現代です(笑)

あれもこれもと欲張ったらこんなんになっちゃいました。
さすがに吸込みの威力が落ちたようですが十分実用レベルです。
最初は100φで考えていたくらいですからね。
シャッターのスポンジの密度が低くて密閉度がいまいちなので
改良すればもっと吸込み力が増すと思います。
徐々に改良していきまーーす。
| さくらい | 2008/02/05 12:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/703274
トラックバック