さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
<< 集塵を考える | main | 今日は薪をもらいました >>
集塵を考えるPART
集塵機接続の続編です。

突然ですがこれは何でしょう。


クリックで拡大

解るかな〜〜〜〜?わっかんねぇだろうな〜〜。(古!)
ひっくり返して床に置いて、真ん中の穴(パイプ)に集塵のフレキを差し込みます。


クリックで拡大

床の切粉をほうきで掃き集めてこれに近づけると・・・・・・。
四方どこからでも吸込んでくれますので便利です。
掃除が楽チンです。

で、問題の自動カンナの集塵。
鉋屑の出る穴が大きいので先人の知恵をお借りすべくいろいろHPを
見ましたが、集塵口を鉄板やアクリル板で自作されている方が多いようです。
最初はやはり自作しようと寸法をとってあれこれ考えていましたが
ここは大雑把さくらいの本領発揮。
事務仕事をしていてふと目に入ったものでひらめいた。


クリックで拡大

A4のファイルがすっぽり収まる100均のケース。
これがまた、幅の寸法ぴったり。厚みがちょっと大きいが何とかなる
いや、なんとかするぞ。
で、くぼみの部分を切って横にパイプ用の穴を開けた。
ここで厚みの大きさが役に立った。75φのパイプががちょうどだ。

さてと、これをどうやって固定するか・・・・・
両面テープ?
脚を作って台と固定する?
カンナのケーシングにビスで固定??
どれもいまいちピンとこないなぁ。
ここでひらめいた。
磁石を使おう。

で、板に磁石を埋め込んでケースと固定した。


クリックで拡大

あとはこれを開口部の上の鉄板にピタッとくっつける。


クリックで拡大

ベリーグッドである。
試運転でかなり削ってみたが機械の振動でずれることも無く
ばっちり吸込んでくれる。
たまには、いいこと思いつくじゃん。
まだまだ若いもんには負けんぞーーって、なんか変。

そろそろ集塵も完成だが、安物の丸のこ盤を何とかしたい。
せっかく買ったがほとんどお蔵入り状態なのはもったいない。
とりあえず使えるように調整してから集塵を考えよう。
| サイクロン集塵 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/703543
トラックバック