さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
<< 引き続き天井裏掃除 | main | 木工旋盤の補強 >>
テーブルソーの調整
数年前にHCで大安売りにつられて購入した○ワー○ニック製の
激安テーブルソーを持っています。
ほとんど使うことなく部屋の奥深くに追いやられていました。
テーブルソーを使うような工作をしていなかったので無くてもあまり困ることが無い、
など理由はいろいろありますが一番の大きな訳は
刃の調整がうまくいかなかったからです。

テーブルに対してのこ刃を垂直(90度)にするのはなんとか調整できたものの
ガイドレールに対してどう調整しても平行にならず刃の手前と向こう側で
なんと2ミリ近い狂いがあるのです。
このままでは全く使えないし、知人に譲るにしてもオークションに出すにしても
気が引けてとても出来ない。
かと言って邪魔にしておくのも癪なので思い切って分解してみた。

クリックで拡大

刃の角度を変えるためのシャフト1本でテーブルに固定されている。
よ〜〜く見ると、シャフトと刃が平行になっていないのだ。

クリックで拡大

左のほうが狭いのが確認できる。
これだけ狂っていると本体の調整機能の範囲を超えてしまっている。
そこでこれを直すことにした。

まさかシャフトを曲げるわけにも行かないので固定してある板のほうで
調整するのだが、これがまたよくわからん事がしてあった。


クリックで拡大

3本のボルトと2本のピンでがっちり固定・・・はいいのだが
狂ったままがっちりではどうしょうもない。
ピンを1本はずしてボルトを緩めて調整したあと別の場所に
ドリルで穴を開けてピンで固定した。
これでシャフトとのこ刃はほぼ平行になったので後は組み立てて
本来の調整機能で何とかなりそうだ。

時間が無いので今日はここまで。


| 木工&大工 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
こんばんは、さくらいさん。
近所のHCでも、ほぼ同じ機種を販売していますが、中身はこんな構造になっているのですか〜。
やはり、中国製なのでしょうね。
(モノとしては、韓国や台湾の方が出来が良いという噂)
| さいかち | 2008/02/19 9:46 PM |
さいかちさん、こんばんは。
これ普段は脚付のセットで19,800円なのですが
セールで14,800円になっていたので思わず買ってしまいました。
めっちゃくちゃ軽いんですよ。
分解して納得しましたけどね。
ちょっと奮発してトリトンでも買えばよかったなとか
ちょっと後悔しています。
でも、なんとか使えそうなので台を作ろうと思っています。
そういえばどこで作っているか確認していませんね。
今度見てみます。

| さくらい | 2008/02/19 10:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/707861
トラックバック