さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
<< ろくろ試運転 | main | エキスパンドチャック >>
木工旋盤 更に補強
作りかけの作品は一時はずして・・・・・・。

先日パイプを2本追加して補強した旋盤もどきだが
それだけではまだ強度不足のようでモーターがぶれるようだ。

実をいうとベンチグラインダーが壊れ、思い切って製作に入ったのだが
その製作途中ですでに失敗しているのである。
作りながら気づいてはいたものの、今更作りなおすのもなぁと
いいかげんさくらいの手抜きでそのまま進めたのだが
やはりここへ来て致命的な欠陥となっている。

それは、モーター部分を可動式にしたこと。
なんでわざわざ重いモーター部分を可動式にしたのだろう。
その時は考えがかたよっていたのか、芯押しを可動式にすることは
全く思い浮かばなかったのだ。

と言う事で基本からやり直しすることにした。(あぁ〜〜〜疲れる)
まず、全部ばらして(こんなこともあろうかと全てボルト止めにしておいてよかった)
モーター可動用のパイプを短くする。
 
クリックで拡大

ツールレストのパイプと当たって近くにセットできなかったのがこれで解消される。
一番左に固定して組み上げたあと、脚を2本追加。


クリックで拡大

廃材のコンクリートベース利用なので微妙に高さと長さが違うので
ワッシャーとナットで高さ合わせをしてさらにアングルで
4本の脚を連結した。
芯押しの製作は後日やることにしてとりあえず組み立てた。

レールとの固定はボルトではなくお手軽に溶接だ。

クリックで拡大

さぁ、これでいよいよ簡単には粗大ゴミにできなくなったぞ。
なんとしてでも精度を高めて使えるものにしなくては・・・。
フェイスプレートの直角をダイアルゲージで計った時レールに体重をかけると
針が動くのをみて、やはりこの長いレールでは何本追加しても無駄だと悟ったのだ。


クリックで拡大

脚を追加してから計ってみると誤差0.1ミリまでに解消された・・・・・
・・・・が、体重をかけるとやはり針が動く。
置いてある場所が適当に根太を組んでコンパネを貼っただけの倉庫の床だから
コンパネごと動いているようだ。
4本脚ではなく一体式の脚じゃないとこれ以上は無理のようだ。
アングルで対策を施したつもりだが弱すぎるのだろう。

あとはコンクリートの上に置くしかないのだが、うちには水平なコンクリート床は存在しないのである。
もしあっても、これを使うたびに動かすのは重労働だ。
推測だが5〜60キロくらいはあると思う。

とりあえずこれで行ってみようーーー。
これで駄目なら鉄骨の建物の解体の時もらってきた4メートルの
100角の鉄パイプがあるのでこれを2本並べてその上に載せようと思う。

いや、それより作りなおしたほうがいいかも・・・・・・。
| 木工旋盤&ろくろ | 02:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
 ウーム、私の経験から言うと……、
補強すればするほどモーターの剛性不足が浮上している気が
しますが……。一から作り直した方が速い気も確かにします。

「金を掛けない!」

という方針には大いに共感するんですが。(^^;
| ファーマー佐藤 | 2008/03/02 5:48 PM |
ふぁーまーさん、やはり作りなおしですかねぇ。
いいかげんろくろとしてはなんとか使えそうですが
本来の目的、旋盤として使えないんじゃこの大きさは
一体全体なんなの???ってことですよね。

なんか悪あがきしているいたずらっ子の気分です。
でも、しばらくこれで遊びま〜〜〜〜す。
| さくらい | 2008/03/02 11:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/711634
トラックバック