さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
<< 木工旋盤 更に補強 | main | 大きな勘違い >>
エキスパンドチャック
チャック製作の秘策として以前公開したエキスパンダーだが
問題が山積みで実現できるのかかなり疑問があったのだが
ふと思いついたものでやれそうなのでトライしてみた。

使えそうなものは案外身近にあった。

クリックで拡大

右から水道配管用のバルブソケット、ロクロの補強で使ったパイプの
切り落したねじ部分、一番左は配管の太さを変えるときの変換ニップル。
これがエキスパンダーのねじ山にぴったりだったのだ。

一番加工しやすいエンビの変換ソケットを切り落してプレートつくりのとき
失敗したアルミ円盤に固定する。

クリックで拡大

プレートにはねじが切ってあるのでセンターピンを作ればよいわけなので、
M12ボルトを削りだしてオリジナルのピンと同じようなものを作った。


クリックで拡大

必要な長さに切り落して

クリックで拡大

プレートと共にろくろに取り付ければ完成だ。


クリックで拡大

不安が残る中チャックを取り付けてねじ込んでいくと
おぉ、ばっちり開いてくれるではないか。


クリックで拡大

案ずるより生むが易しとはこのことか・・・・。
モーターのスイッチONで回してみると・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
回したとたんはっきり解るほどぶれている。
原因はチャックを取り付けるためのねじ部分の長さにある。
長いのでチャックがねじの途中でとまっている。
ということはねじの螺旋の角度だけ斜めに傾いて固定されていることになるのだ。
ねじ部分を短くして円盤に密着するようにすれば解消されそうな気もするが
はたしてうまくいくだろうか。
また、策を練ってからやり直しだな。

やっぱりそんなに甘くはなかった。



| 木工旋盤&ろくろ | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/711950
トラックバック