さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
<< エキスパンドチャック | main | エキスパンドチャック改 >>
大きな勘違い
とんでもない勘違いをしていました。
とはいっても結果的にはよい方への勘違いなのでほっとしています。

それは、ダイアルゲージの目盛りの読み間違いです。
初めて使う器具なのに、いいかげんに解釈して使ってしまいました。

一目盛り0.1ミリと決め付けていたんですが、
ゲージ用のマグネットスタンドが手にはいったので
今日改めてフェイスプレートの精度を確認していて
「あれ〜〜〜〜0.01mmって書いてあるじゃん」となったわけです。

ということはゲージ無しで削った直径50ミリのプレートが0.6ミリ狂っていたと
思っていましたが実は0.06ミリだったわけで、なんかうれしくなりました。
で、削りなおした結果0.2ミリまでこぎつけたということは
0.02ミリまで改善されたということなのです。

これは期待出来ると思い120φのプレートの一番外にゲージをあてて測ってみました。
結果は0.03ミリ程度の誤差だったので、さくらいの工作にしてみれば
とびきり精度の出た作品ということになります。

大きな勘違いが大きな安心を生みましたとさ。
| 木工旋盤&ろくろ | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは!
ダイヤルゲージの読み間違いとは、さくらいさんにしては、めずらしいこともあるもんですね

で、結果的に10分の1の誤差だったというオチがすごいですね!
| 大工協奏曲 | 2008/03/05 9:16 PM |
大工さん、珍しくもなんともありません。
根が大雑把ですからこんな間違いはしょっちゅうありますよ。
最初計った時に0.6ミリは大きいなぁと落ち込んだんです。
どう見てもそんなにあるようには見えなかったものですから。
でも実際は0.06ミリ、これは結構自信がつきました。
大雑把さくらいの目測も満更じゃないねって(笑)

>で、結果的に10分の1の誤差だったというオチがすごいですね!

オチじゃなくてマジなんですけど・・・・・・・。
| さくらい | 2008/03/06 12:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/712535
トラックバック