さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
<< 大きな勘違い | main | ろくろ 切り取り編 >>
エキスパンドチャック改
先日作ったエキスパンドチャックが失敗に終わったので
改良してみた。
前回はアルミプレートへの取り付けはボルトを貫通させてセンターに
取り付けたのだが、これがどうにもよろしくない。
穴が大きくてボルトとの隙間にステンレスの板をいれて調整したが
いまいちセンターが狂っているような感じだった。
どうしたらうまく取り付けできるかいろいろやってみたがうまくいかない。

半ばあきらめかけた時にひらめいた。
取り付ける部品の大きさだけアルミの円盤をロクロで彫れば
間違いなくセンターに取り付け出来るじゃん。
早速錆びたのみで削ってみた。

クリックで拡大

初めてアルミを削った時は恐る恐るやっていたのでかなり時間がかかったが
今回は慣れもあって案外サクサク削れた。
何度も現物を当ててはぴったり収まる溝が掘れたのでそこにねじ部分の
エンビを裏からビスで固定した。
ロクロにセットして回してみると


クリックで拡大

快調快調。
ぶれもほとんど無く、これならうまくいきそうだ。
手近にあったヒバの角材にフォスナービットで穴を空けてセットしてみた。

クリックで拡大


クリックで拡大

センターに見える黒い丸はこの状態で鉛筆を押し当てながら
回して出来たもの。
ばっちりセンターがでている。

よーーーーし、これでうまくいきそうだ。

スイッチをいれて回してみると順調に回っている。
よせばいいのにこの長方形の角材のままバイトを当ててみると
おっ、いけそうじゃん。
で、調子に乗ってガリガリ・・・・バーーーーーーン!!

材が吹っ飛びました。
どうやら滑って抜けたようです。
考えてみればこれはもともと銅管に突っ込んで径を広げるための器具なので
すんなりはいるように滑りやすく出来ているのだ。
開き代が2ミリほどしかないのも固定するにはちょっと小さすぎるか。

やっぱり無理かなぁ。


| 木工旋盤&ろくろ | 01:10 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
さくらいさん、こんばんは。
二枚目の画像を見ると、滑らかに回っています〜。

角材から加工するのなら、まずはドライブセンターと回転センターを使って両持ち加工で丸くしてから、エキスパンディングチャック(片持ち)で加工した方が良いですよ。
荒加工の場合は、強力に固定できるチャックと適切な爪を使わないと、簡単にブッ飛びます。
面倒なら、手鉋や電動鉋で断面が八角柱になるように、面取りしてから削ると飛び難くなります。
| さいかち | 2008/03/06 9:45 PM |
 おお!、なんか本物っぽくなってきましたね〜。(^^
でも、角材からいきなり片持ちで削るというのは強引だなー。
ゼ○ギ無しで突っ込むみたい。私もやりますけど。(^^;
| ファーマー佐藤 | 2008/03/07 7:47 AM |
さいかちさん、こんばんは〜〜。
センターもでてばっちりですよ。
なんとか使えそうです。

>まずはドライブセンターと回転センターを使って両持ち加工で丸くしてから、エキスパンディングチャック(片持ち)で加工した方が良いですよ。

そうですよね、わかっちゃいるけど・・・・なのです(笑)
ビスで固定した時は片持ちでも出来たんですけどね。

ファーマーさん

>ゼ○ギ無しで突っ込むみたい。私もやりますけど。(^^;

・・・・・・・・・・。
私もやりますけど・・・って、どっちの話かな〜〜〜〜?

あっ、答えはいいですよ〜〜。



| さくらい | 2008/03/07 11:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/712825
トラックバック