さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
<< 今回のもらいもの | main | 桜咲いた >>
欅でろくろ
さてと、皆さんがさくさく削れて気持ちがよいと言う欅に挑戦です。
ちょっと前にいただいてきた欅の端材をチェーンソーで適当な大きさに切り、
これまた、チェーンソーでお椀らしい形にしてからプレートにセットした。

とにかく早くやってみたかったので写真を撮り忘れた・・・・・・・。

確かにサクサク、しゅるしゅる削れる、こりゃ気持ちがいい。
と、思ったのもつかの間、外側を削りにかかるとバイトが当たった瞬間に
回転が失速してしまう。
激安120Wのベンチグラインダー直結ではトルクが全く足りないようだ。
バイトをひっこめ回転が戻るのを待ってまた当てる。。。
イライラ、いらいら・・・・繰り返すこと数十分(だったかな??)
なんとか高台(糸底?)部分が出来たのでプレートからはずし
自作エキスパンディングチャックに取り付けて中を削る。
これが案外調子がよくて、このチャック使えるじゃんと思っていたら
見事に外れてお椀がぶっ飛んでいきました。
拾って確かめると高台が割れていました(泣)

クリックで拡大

外れた時のバイトのあともくっきりと、そいでもってシャーシに
ぶつかってペンキもついて悲惨なけやき君。

クリックで拡大

このチャック、ねじ込み式で順番広がるのだが最後までねじ込まないと
軸に対して直角にならない。
つまり大きさの微調整が効かないのだ。
今回は穴がちょっぴり小さかったのだろう。
これじゃやっぱり使えないなぁ。

さ〜〜てどうしよう。
和式のロクロは穴に叩き込んで固定するとさいかちさんに
教えていただいたのを思い出しやってみることにした。
まず、適当な大きさの端材を探すと桧の厚板があったので
プレートに取り付けほぼ同寸に削った後センターに穴を掘った。

クリックで拡大

叩き込むのだから削りすぎてはいけないので何度も確認しながら穴を掘った。
これに叩き込んで、とはいってもハンマーを使うわけではなく
手でコンコンやるだけでなんとかいけそうだ。

クリックで拡大

これで回してみると、すこぶる調子がいい。
終始ぶれることなく中も外もさくさく削ることが出来た。

ペーパーで仕上げてから蜜蝋塗りの作業まで一気にすすんだ。


クリックで拡大

スムーズに回ってます・・・拍手!!
蜜蝋を塗ったら欅らしくなってわくわくしてきた。

完成だーーー!!


クリックで拡大

おぉ、いいじゃないか、古民家で昼食をとる時はカップで味噌汁を飲んでいたが
これからはちゃんとお椀で飲めるぞ。


と、いいたいところなのだが・・・・・・・・・。
サクサクと気持ちよく削って中を滑らかに仕上げると
ちょっとした凹凸が気になりもう少しもう少しと削ったので・・・・


クリックで拡大

あははは・・大笑いである。
これが光にすかしてみるとすごい。


クリックで拡大

どうだーーーー!!
これだけ薄く削ったぞーーーーー!!

笑い事じゃないですね・・・結果はとほほ・・・でした。
| 木工旋盤&ろくろ | 00:03 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
こんばんは。
さくらいさん、やりましたね!
お椀削りが成功して\(^〇^)/バンザーイ.....と思ったら、アレ?
それにしても、底が透けるほど薄く削れたという事は、刃物が良く切れているという事ですね。
(キレが悪いと、薄くなった部分が途中で吹っ飛びます。)

こういった事を防ぐためには、深さゲージを作っておくと良いですよ。
簡易深さゲージは、割り箸を輪ゴムで十字型に固定するだけです。
お椀の深さ分と高台の削り代の印を、縦の箸の両端に付けておけば、ほぼ正確に削り代がチェックできます。
横の割り箸は、お椀の縁に当てながら縦の箸を前後させる事で安定した測定をする為の物です。

それと、基本的に木製カップチャックは消耗品なので、作りたい物の径に合わせて沢山作っておくと便利が良いです。
さくらいさんは、横木取りでカップチャックを製作されたようですが、
縦木取りで製作した方が精度が長持ちしますよ。(横木取りだと填め穴が楕円形に歪む事があります)
金属製のカップチャックに取り付ける際は、木地を少し湿らせて嵌め込むとちょうど良い嵌まり具合になります。

う〜ん、欅のお椀で味噌汁となると、次は漆塗りでしょうか?
| さいかち | 2008/03/15 1:28 AM |
さいかちさん、こんばんは〜〜。
わらっていただけましたかぁ〜〜〜?

割り箸で深さゲージですか、バイトにマジックで記しつけて
やったんですが、「もう少し、もう少し」が仇になりました。
割り箸はバイトに固定するんですか?
ちょっとイメージできないんですが・・・・・・。

カップチャックの縦木取り、納得です。
やはりやわらかい材のほうが良いんでしょうか?
かなり調子がよかったのでいくつか作ろうと思っています。
| さくらい | 2008/03/15 11:57 PM |
さくらいさん、こんばんは。
しっかりと笑わせて頂きました。

簡易深さゲージは、手持ちで使います。
縦に一膳(縦木・定規部分)、横に二膳分(横木・縁に触れる基準部分)の割り箸を使います。
二膳の割り箸を重ねて、両端を輪ゴムで固定します。
重ねた割り箸の間に、一膳の割り箸を差し込んで十字になるように固定します。
固定した位置で使う方法と、印を付けて使う方法がありますが、さくらいさんの好みで使い分けて下さい。
固定したままの方法は、縦木をお椀の深さに固定してしまいます。
底と縁の両方に触れるようになったら、削り終わりという事です。
印を付ける場合は、縦木にお椀の深さと高台の削り代などの印を付けて、
測定時に毎回、底と縁の三点が触れるように縦木を調整して、横木から印が見えたら削り終わりです。
どちらも、仕上げ代の分を考慮して使うと良いと思います。

カップチャックの補足ですが、素材としては緻密な堅木が良いです。(嵌め痕を気にされるのであれば、柔らかい物でもOK)
カップチャックは摩擦力で固定されているので、歪んで楕円形になると部分的にしか接触せず固定力が低下します。
毎回削れば問題は無いのですが、どうしても寿命が短くなってしまいます。
柔らかい木だとすぐに傷んでくるので、狂いが少ないようであれば横木取りにした方が良い場合もあります。
不等変形する木材(アテ材・節の近く)硬軟の差が激しい木材、亀裂のあった材は避けた方が無難です。
| さいかち | 2008/03/16 1:07 AM |
さいかちさん
簡易ゲージとカップチャックの説明ありがとうございます。
もう一度欅でお椀に挑戦します。
うまくいけばBANDのメンバー8人分を作る予定です。

できるかなぁ〜〜〜〜。
| さくらい | 2008/03/17 12:18 AM |
さくらいさん、はじめまして!こんばんは!
齋田さんのブログから来ました。
まだ、全部見ていませんが、古民家再生って楽しそうで憧れてしまいました(^^;
それに、近ければ9人目のメンバーに入れて欲しいですね〜(^^;

木工旋盤は、ハマルと危ないので、封印していますが、ミディチャック欲しいですね(^^;
| monaco | 2008/03/19 7:18 PM |
monaco さん、こんばんは。
ようこそいらっしゃしました。
実は「woody monako」のHPはお気に入りに登録してあって
こそっと(笑)覗いていました。
大雑把なさくらいの木工とは次元が違いすぎるので
書き込みをしり込みしていました。

木工旋盤封印ですか?
WT-300を迷った挙句購入を見送りなんちゃって旋盤を自作しました。
これもどうやら大改造(作りなおし)の気配が濃厚ですが・・・。

古民家再生なんて大それたことやっていませんが
ゴソゴソともがいています。
古民家を買った当初の生地はHPにあります。
暇つぶし程度に見てください。

木工以外にも楽器や自作PCなど共通点があるようですので
今後もよろしくお願いします。
| さくらい | 2008/03/19 10:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/715279
トラックバック