さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
<< ランバーメイト | main | 竹箒の修理 >>
裏山のどんぐり
仕事で高所作業車を借りたのだが順調にすすみ
2時ごろに作業が終わった。
一日レンタルなので早く返しに行っても料金は同じ。
こりゃやるっきゃない。

ってな訳で古民家へ急いだ。
実はこれが目的で昼食もとらずに頑張ったのだった。


クリックで拡大

せっかくなので12メートル目いっぱい伸ばして
上から建物を撮ってみた。

クリックで拡大
角度が違うものを連結したので境目が気になるが全体がよくわかる。
土蔵に倉庫、その隣には資材を入れるためのテント倉庫
倉庫と母屋の連絡通路の屋根の下には井戸がある。
おっと、土蔵と倉庫の間のトイレが見えないな。
母屋の右の建物はキッチンとして増築されたもの。
現在は木工の作業場になっているところだ。

それはさておき、山の上のどんぐりを切らなきゃね。
と言う事でBefore−After




クリックで拡大

う〜〜〜ん、解らない・・・・・・・・。
切ったあと遠くから眺めて随分すっきりしたと本人は大満足なのだが
誰も気づかないだろうなぁ。

上の写真でどこが変わったか解りますか??

12メーター伸ばしてやっと根元に届いたどんぐりの木を
無謀にもそこから切り倒して下に落としたのだ。
しかも3本。
木の高さも10メートル以上はあったので逆さに落ちて山にもたれかかり
止まったままだった。
そいつにロープをかけて高所作業車で吊りあげながら平地まで移動した。
山の上から倒れ落ちる重いどんぐり。 

迫力満点!!

かなりの危険作業だ。
おかげで真下の花壇に損傷が・・・・・・・。
こりゃ妻にお目玉くらうな。

今日も重労働だったが、下に落とした木を始末するのもかなりの重労働。
明日一日で出来るかなぁ。
頑張るぞーー。
| 古民家 | 01:34 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
相変わらず頑張ってますね〜。
高所作業は怖い怖い(>o<)
どんぐりの木は欅なんかと同じで超!重いですから腰に注意して作業してくださいね。
| 浦2ちゃ | 2008/06/22 9:09 PM |
こんばんは!
相変わらず、ハードな日々をお過ごしですね
高所作業車、12メートルも伸びるんだ。
これを使うと、段取りさえよければ、足場を付けるよりは楽なで安上がりの場合もありそうな感じがします
特別な免許が必要なんでしょうね

ところで、古民家ですが、割と町中にあるんですね
私の実家のあたりの景色とそっくりです
| 大工協奏曲 | 2008/06/23 9:16 PM |
裏2ちゃさん(浦2ちゃ??)こんばんは。
どんぐりってホントに重いですね。
倒したあとの移動も大変でした。
雨の中頑張って整理しました。
薪としてはどうなのかなぁ。

大工さんこんばんは。
この作業車は12メートルですがいろいろあります。
20メートルを借りればいいのですが、レンタル料が
倍以上になるので保留です。
そのうち借りるかもしれません。
免許ではなく技能講習ですから誰でも取れますよ。
10メートル未満は一日の特別講習でOKです。
それ以上のは技能講習で筆記2日、実技1日です。
たしか国内で一番高い作業車は40メートルですが
それにも乗ることが出来ます。
ビルだと10階以上ですね。怖そう〜〜〜〜〜〜。

場所は町ではないですが目の前の道は県道です。
今は市道だったかな。
もう少し道から離れていると静かなんですけどね。

| さくらい | 2008/06/23 11:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/744097
トラックバック