さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
<< 松ノ木の散髪 | main | 薪運び >>
薪をいただきました
昨年から山積みしてあった木を先日の日曜日に
刻んで薪棚に収めてやっとすっきりした駐車場。

その際のコメントで
「そのうちまた誰かが持ってきてくれるでしょう。」
などとちょっと横柄なことを書いちゃったかなと反省していたのですが
本日電話がありました。

薪があるからもっていくよ・・・・・と。

やってきたのは3.5tトラックに満載の薪。
薪割して縄でまとめてある正真正銘の薪です。


クリックで拡大

もってきてくれた方と二人で手おろししました。
体力も使いましたが埃にはまいりました。

なんでも築80年の家の屋根裏に山積みされていたそうで
おそらく50年くらい前のものだろうということです。

飯炊きや風呂に使うもののようでストーブには少々細いのですが
焚き付けにはもってこいでしょう。

やっとのことで全部おろしました。


クリックで拡大

いっぱいあるなぁ。でもこれだけじゃありません。
さらにテント倉庫にもおろしました。


クリックで拡大

雨に濡れては台無しなのですが軒先にはもう棚がありません。
今度の日曜日はこいつの移動先を考えねば。

それにしてもそんなに古いものならカサカサで使い物にならないのではと
懸念していましたが、持ってみると結構重いのです。
おろしている最中にバラけたものを踏んでしまいましたが
パキッっと甲高い金属音のような音がして折れました。

風雨にさらされずに保管してあればこんなにも良い状態が維持できるんですね。
改めて乾燥した木の丈夫さに驚きました。

せっかくなのでストーブや暖炉を使っている知人に電話をかけて
おすそ分けです。


| 古民家 | 23:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは!
薪が大漁ですね♪
私も一度近所でいただいたことがあります。杉林の中に切って、割ったものを積み上げてありました。
運ぶのがちょっと大変だったけど、その年は楽チンでした。
| 大工協奏曲 | 2009/04/19 10:34 AM |
大工さん、こんばんは。
ブログ読み逃げしてます。ごめんなさい。

今日は薪の整理をしました。
夏日だったので少々疲れました。

ありがたいことにこのいただいた薪は
ほとんどが広葉樹で重くて硬いのです。
これなら焚きつけだけでなく
ストーブにまとめてほおりこめば
かなり火持ちしそうです。

おまけに今日もまたもらいました。
これからブログにUPしま〜〜す。
| さくらい | 2009/04/19 11:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kominka.gk49.com/trackback/817701
トラックバック