さくらいの趣味部屋 の古民家専用ブログです。。
2004年に購入した時は荒れ放題だった古民家の変わり行く様を紹介しています。

・・・・・・・・・のはずでしたが最近木工にのめりこんでいます。


というわけで「おおざっぱ木工 時々 古民家」とか、タイトル変更かな??


画像掲示板はこちらです。

どんどん貼り付けてください。
もちろん雑談も大歓迎です。





記事の分類
リンクサイトはこちら
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
宿題ひとつ片付けました
七福神はちょっと考え中ってことで、もうひとつの宿題。
去年の10月に水道工事をして土間で水が使えるようになったが
タオル掛けが無いので不便だと指摘されていた。

仕事帰りに突然思い出したので早速作ることにした。
作業部屋を見渡し材料を適当に選ぶ。

マホガニーの端材と竹の棒で作ることにした。


クリックで拡大

マホガニーを適当な大きさに切って二つをクランプではさみ
サンダーで削っていくだけ。
竹の直径よりちょっと小さめの穴をドリルで開けて
無理やり押し込んで完成。
シンクの扉の裏側からビスで固定して出来上がり。

こんな簡単なことが2ヶ月以上たたないと出来ないの?と
叱られそうだ。
宿題ってやってもやらなくても叱られるものなのね。
| 木工&大工 | 00:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
宿題に取り掛かりました
ろくろの塗装が完全に乾くまで小休止です(笑)

宿題をやらないことには遊べない。
というわけで盃の七福神を何とかしないと遊べません。

準備したのは桐のまな板・・一枚200円也。
最初は100円のまな板を使おうと思ったのだが大きさが足りず急遽変更。

で、扇形に切ってふちをトリマーでさらった。


クリックで拡大

盃の糸底(高台?)の直径が23ミリほどだったので
24ミリのフォスナービットで固定穴を掘った。

さて、問題は盃をどうやって固定するか。
ボンドで固定すりゃ簡単だが何しろ価値があるのか無いのかも
解らない「久谷」なのでちょっと躊躇する。
両面テープじゃ不安が残る。
そこで、透明アクリル板ではさむことにした。
早速糸鋸で切り出した。

クリックで拡大

腕がないので切り口はガタガタ、ベルトサンダーで形を整えたが
切り口の面取りに先日の安売り鉋を使ってみた。
替え刃式だし試しに使うにはもってこいだ。
面取りも良いけどサンダーで削った切り口も削ってみると
これが大正解。
サンダーで削ったので当然つやが無く「透明」じゃ無かったのだが
鉋で軽く削ると、おぉこりゃいいぞ、どこから見ても透明じゃ。
この鉋替え刃10枚付きで500円で買ったが、アールも削れるし
案外お買い得だったかも。
ただ難点がひとつある。
替え刃の固定が蝶ボルト一本でガイドに遊びがあるため
ボルトを締めると刃が右回転してしまうのだ。
オマケに前後に動かす微調整がやりにくいことこの上ない。
売れ残り商品で500円均一の運命をたどった理由がよく理解できた。
でも、かみそりのような替え刃はよく切れるし刃を取り付ける場所が
3箇所もあって、いろいろな削り方も出来る。
扇の内アールも綺麗に削れた。
暇を見て刃の付け方の工夫をしてみよう。
微調整がうまくいけば、お気に入りになる可能性が大きい道具ではある。

さ〜〜て、今度はこのアクリル板でサンドイッチする方法を考えないとね。
ボルト固定では芸が無さ過ぎる・・・・もっともホントに芸は無いのだが・・・・

| 木工&大工 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
梨の木もらいました
今年から薪ストーブを使い出した知人が薪をもらいに行くのに
トラックを貸して欲しいと電話がかかってきた。
聞けば知り合いが梨畑の木を伐採しているという。

一緒には行けないが少し分けて欲しいと頼んだところ
夕方になりトラックと一緒に梨の木がやってきた。


クリックで拡大

倒したばかりの生木、乾燥するまで軒下に積んでおくのだが
どれくらいで乾燥するんだろう。
持って見るとかなり重さがあるので密度は高そうだ。
木工の小物つくりに使えないかな。

何でも梨の生産農家を廃業するとかで全ての木を倒すらしい。
その量を聞いてびっくり、畑が5000坪!!
チェーンソー持ってお手伝いしながらいっぱいもらえるかな。
今度交渉してみよう。

さてと、台座が壊れたグラインダーのモーターを固定するため
とりあえず2×4材を二枚クランプで固定しホールソーで穴を開けた。


クリックで拡大

これでモーターの左右の首根っこをつかもうという構想だ。
問題はそれを取り付ける台座の作製。
頭の中にはいいかげん、大雑把な図面があるにはあるのだが・・・。

耐振動、重量、堅牢さ・・・etc 難題山積みだな。
回転数も変えたいし、旋盤としても使えるようにただいま考え中。


| 木工&大工 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
初衝動買い
今年は年越しで息子夫婦が、二日には娘夫婦が来るなどで
いつものところへの初詣が今日まで延びてしまった。
まぁ天気も悪かったので好都合だったのかもしれない。

毎年いく商売の神様のお千代保稲荷はかなり混雑するのだが
午前中は比較的すいているので例年のように早起きして
出かけた。

3日に出かけたのは初めてだったが、やはりすいすいと駐車場まで
ストレス無く到着。
お参りの後、出店が立ち並ぶ参道をやはり例年のごとくぶらぶらと見て歩き
昼食をとっているとかなり混雑してきたので早々に退散。

別に目的は無かったが帰り道にちょっとHCへ立ち寄った。
ドアをくぐった瞬間、妻に肩を叩かれ振り返ると指差す方向の人だかりに
「工具300円均一」のワゴンを発見。

思わず苦笑いをしながら(実はこういうのを期待していた)早足で近づくと
目に飛び込んできたのが1本の500ミリのはた金。
「うっそー!これ300円?」とかつぶやきながら当然手にとって離さない。
懸命に探すがあったのはこれ1本きりだった。
ちょっとがっかりしながらも他になんか良いもの無いかとまるでバーゲンセールの
おばちゃん状態だ。
中には普段でも350円くらいで買えるものもかなり混ざっているようだ。
そんなものには目もくれず使えそうなものを物色。
ドライバー、喰切、鑿、溶接棒・・・・・・。
仕事で使う電気溶接は3.2φや3.6φで細かい溶接には不向きなのだ。
かと言って材料やから仕入れると本数が多すぎる。
今回は1.6φと2.0φそれに鋳鉄用の溶接棒を300円で手に入れることが出来た。

がさごそと籠にほおりこんでふと隣を見ると、「100円均一」反対側には
「500円均一」。。。。まだまだ楽しめるぞ。

ハイス鋼のドリルの錐をサイズは飛んでいるが16本GET。
替え刃式のかんなが500円・・・これはそんなにお得じゃないなと思ったら
ホチキスで替え刃10枚が止めてある。
これなら試しに使ってみても安いもんだと籠に入れた。
清算してみると6000円オーバーだったが得した気分。


クリックで拡大

やっぱり今のところ収集オタクが続く予感でなんとも落ち込むなぁ。
明日は古民家へ行って作業するぞーーー。

先ずはモチノキの枝払いからかな。カリンの木も随分お行儀が悪くなっているし
一日庭の手入れでつぶれそう。
工具や材料が活躍するのはまだ先のことになりそうだ。

HCに寄った本当の理由はあわよくば木工旋盤に現品処分のシールが
貼ってないかと思って・・・・・。

まだ道具を買う気かーーーー!!
| 木工&大工 | 00:08 | comments(4) | trackbacks(0) |
ボール盤が欲しかったので。。。
この時期「歳末セール」だの「在庫処分」だのと魅力的な言葉があちこちで見られる。
その気は無かったのだが、HCへふらりと立ち寄ると「電動工具30%OFF」の看板。

早速工具売り場へ行くと、ん?どこにあるの?どれが30%OFF???
じっくり見ると小さな文字で展示品に黄色い30%OFFの札があるものに限る・・
ということらしい。
黄色い札を探すがあまりぶら下がっていない。
ちょっと期待はずれだなぁ、まぁこんなもんかなとか思いながら
最下段に目をやるとボール盤が三つ。
一番左のやつに黄色い札が・・・・おぉやったぞ。

リョービのTB−2131 定価は税込み43890円。
普段は20800円で売っているようだ。
30%OFFということは14560円だ。これは買いでしょ。

安物のP社でも買おうかと思っていたがやっぱりメーカー製がいい。
特別どのメーカーと決めていたわけでは無いしリョービならOKでしょ。
で、決定して購入。
親切に箱を持ってきてくれたが発泡スチロールの大きさを見て拒否(笑)
展示品をそのまま車に積み込んだ。


クリックで拡大

狭い作業部屋の台の上に載せると大きいなぁ。
もう少し低い位置で使えるように専用の台を作らないといけないですね。
これで今までの電ドルスタンドはお役御免になる。
やりかけのことばかりほったらかしなのにまたしてもやることが出来た。
でも楽しみだなぁ、どこに置こうかなぁ。
ドラムサンダーも考えよう。

ついでに目に入ったクランプセットも購入。


クリックで拡大

ボール盤がうれしくてたいして考えもしないで買ってしまったが
これで980円ははたして安かったんだろうか。

まっ、いいか。


| 木工&大工 | 00:26 | comments(4) | trackbacks(0) |
ワークベンチ
ず〜〜と忙しくて趣味の世界は古民家改造を含めて何も出来ない日が続いている。
そんなときのいらいら解消策はネットであれこれ見ながら妄想?にふけること。
そんなこんなで見つけた激安ワークベンチを注文したのが11月の22日。
在庫切れとかでずっと音沙汰なしだったが昨日やっと届いた。

仕事から帰って早速組み立てた。

さすが激安、ダンボールだけのいいかげんな梱包を開けると

クリックで拡大

無造作に入っていた部品はたったこれだけ

クリックで拡大

木製クランプは思っていたより大きく頑丈そうだ。
しかも二箇所に取り付けることが出来る


クリックで拡大

知識が無いので材質は解らないが重くて硬そうな集成材。
触った感じはゴムの木っぽいが木目が違うような・・・・。

パーツが少ないので必要も感じないが不親切な汎用の説明書、しかも英語のみ。
とにかくくみ上げてみるとまぁまぁいい感じ。

クリックで拡大

重さも適当にあってがたつきも無くしっかりしている。
金額からいって補強とかも考えていたが必要なさそうだ。
天板の大きさは1200×400と少々小ぶりだが狭い作業部屋にはちょうどいい。
天板にいくつかある穴の径は14ミリ、ホールドダウンクランプは確か19ミリだから
使うためには大きくする必要がある。
なんの規格なんだろう。

なにはともあれ自作を考えていたテーブルが予算よりかなり、いやずっと
安く手に入った。
まだ持っていない人は一考の余地がある商品だと思う。
興味のある方紹介しますよ〜〜って営業じゃないよ(笑)

ちなみに9000円でお釣りがきましたよ。

| 木工&大工 | 01:08 | comments(13) | trackbacks(0) |
トリマー買いました
古民家の改装でなんちゃって大工をはじめてから
木工に興味を持ち始めた。
面取りするために安いトリマーを買って使っているうちに
ルーターが欲しくなった。
ちょっと前にあった工具の展示会でお目当てのBOSCHのルーターを
探したが見当たらないのでカタログを見せてもらった。
ところがカタログにも無い!!?
係りの人にBOSCHの日本総代理店へ問い合わせを頼んだところ
ルーターとトリマーはカタログ落ち・・・つまり正規輸入は打ち切りらしい。
展示会で買えば少しはお値打ちになるはずというもくろみは泡と消えた。

今日は仕事先近くの普段はあまり行かないHCへ行くとトリマーを発見。
在庫はあとひとつらしい。
ルーターがあれば即決なのだが・・・う〜〜〜ん。

やっぱり買うことにしよう。


クリックで拡大


クリックで拡大

テンプレートガイド、コロつきのガイドやストレートビットも付属していた。
何より深さの微調整が出来るので重宝しそうだ。
国産のものと比べればコストパフォーマンスは良いと思うんだけどなぁ。

販売中止ということはアフターサービスが受けられないので
お勧めできませんという係員の言葉があったが以前から欲しかったので
買ってしまった。

ルーターも欲しいな。
本当に販売中止なのかな?




| 木工&大工 | 22:42 | comments(9) | trackbacks(0) |
補助ローラー製作
引き続き建築現場で使うものを作りました。
建築では長尺の材料はたいてい4メートルが基準です。
空調工事で使う銅のパイプも換気工事で使うスパイラルダクトも
水道のエンビ管も・・・・・・。

今回は換気工事もやりますのでダクトの切断のため高速カッター(切断機)を
使います。
あまりやらないのでローラーの替わりにそこらの垂木などで代用していましたが
やっぱり作業性が悪い。
大工さんがスライド丸のこなどで使うローラーでは高さが高すぎる。
しかも価格もとっても高い。

そこで簡易ローラーの製作。
使うのはエンビパイプ。VP40とVP30。


クリックで拡大

VP40の内径は40ミリ、VP30の外径が38ミリで差し込むと
クルクル回るのにちょうど良いサイズだ。
これを利用して脚を作るだけの簡単ローラー。


クリックで拡大

2×4材で適当に作った脚に高速カッターの台の高さを考えて
VP30用のキャップをビスで固定する。
デッキ作りのあまりものの材で黒いキシラデが塗ってあるので
少々バッチイが気にしない。

後はVP30をキャップにエンビ用の接着剤をつけて差し込むだけ。


クリックで拡大

水平になるようにテーブルの上で接着したが、片方は差し込むだけに
したほうが良かったかもしれない。
脚が動けば不陸に対応できそうな気がする。
ま、簡単だからまた作ればいいか。
エンビパイプの隙間にシリコンスプレーをノズルでシューっとやって完成。
ちょっと幅が広すぎたかも、あまりもののVPをそのまま考えもなしに
利用したので・・・・・。

キャップは埋め込んだほうがよさそうですね。

これ、自動かんなやテーブルソーの送りにも使えそうだ。
万が一、作って見ようなどと思った奇特な方にアドバイス。

エンビパイプの種類に注意してください。
VPとVUって見た目はあまり変わりませんが厚みが違います。
継手(ソケットやエルボ)は共通で使えます。
と、いう事は外径が同じということ。
つまり厚みが薄い分だけ内径が大きくなります。
HCでは40サイズはVU(薄い方)しか置いていないところが多いようです。
VU40だとがたつきが大きくなります。

ちなみに厚みのあるVPは給水用、薄いVUは排水用です。
サイズが13から30まではVPしかありません。
40以上は両方あります。エルボなども給水と排水では形が違います。
HCで30以下のエルボと40以上のエルボを見ればすぐにわかりますね。
もちろん40以上のサイズでも給水用の継手はありますが
HCではあまり見かけません。

真似する人いるかなぁ。


| 木工&大工 | 23:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
必要にせまられて
建築現場でありそうで無いものはなんでしょう?
それはこれから使う材料の置き場所なんです。

各種の業者がそれぞれの材料を搬入しますのでかなりの量になります。
例え広い建物であっても仕事を進めるためには脚立を立てたり
時には高所作業車が通ったりするのでどこでも置けるわけではありません。
そこで邪魔になったらすぐに移動できるように台車に載せておきます。

ちなみに高所作業車ってのはこんなのです。
クリックで拡大
これは小型で4メートルまで上がります。

いつもは市販の平台車を6〜8個持ち込んで事足りるのですが
今回は突貫工事で一気に材料も機器も入れるので足りません。
特に長尺ものは普通の台車では載せにくいので急遽作りました。


クリックで拡大

車に簡単に積めるように4ピースで出来ています。
穴を二箇所開けた木をキャスターと鉄パイプのついた木に
差し込むだけ。
以前から作ろうとは思っていましたが何とかなってきたし
大きいキャスターはとっても高いので保留していました。
タイミング良くリサイクルショップで150ミリの新品のキャスターを
見つけ、しかも1個420円という価格で手に入ったので
その気になりました。

同時に100ミリも4個買いました。1個210円也。やっす〜〜。
こっちは何に使おうかな〜〜。
| 木工&大工 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
キッチンタオルホルダー
初めてのあられ組の続き。   初あられ(笑)

横板の内側に掘り込みを入れてからボンドをつけて固定。


クリックで拡大

この溝を掘るのに挫折して中断、そこから初スプーン作りになったわけです。
結局二枚を合わせてクランプで固定して6ミリのドリルで合わせ目を
穴あけして彫りました。
残りは彫刻等でコツコツと・・・・・。
冶具作ってトリマーでも良かったですね。


クリックで拡大

直径30ミリほどの丸棒の断面に丸頭のビスをねじ込んで
溝にはめる。
トイレットペーパーのホルダーじゃないよ。


クリックで拡大

キッチンペーパーのホルダーです。
テーブルの上に置いての撮影だからちょっと変だな。

この丸棒は自宅の物置から出てきた新品の麺棒です。
薄いセロファン?フィルムの包装が劣化して木に張り付いていました。
記憶では二十数年前のワゴンセールの処分品で何かに使えそうってな
考えで衝動買いしたものです。
劣化したフィルムを取るのに一苦労、これが一番苦労したなぁ。

仕事が落ち着いたら塗装して完成させよう。
| 木工&大工 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/7PAGES | >>